ニッソーファインについて

ニッソーファインの事業戦略

当社は「お客様に信頼される存在意義のある企業でありたい」という経営理念のもと、ファインケミカル製品の供給を通じてさまざまな産業分野の発展に貢献してきました。

その間高度化するお客様のニーズに応えるべく、精密有機合成技術の更なる向上を狙った研究開発体制の整備や、GMP対応医薬品製造設備の設置などを行い、現在では各種有機化合物中間体事業、医薬品・農業用薬品及びその中間体事業、有機金属化合物関連事業、ヨウ素化合物関連事業などにおいて、高い評価と信頼を得ています。

また、当社では蓄積された保有技術や、さまざまな合成反応に対応できるマルチパーパスプラントを活用した受託生産サービスを展開しています。これは、「製品」を売るというよりは「技術(研究技術・生産技術)」を売るビジネスモデルであるといえます。

これらを支えているものは、以下の4点です。

  • 特殊技術・独自ノウハウを活用した、より効率的な生産体制の確立
  • マルチパーパスプラントを駆使した多彩な合成反応
  • 万全な品質管理体制、環境保全を見据えた生産体制
  • 日本曹達グループの製造系グループ会社として、世界企業レベルのさまざまな技術、ノウハウを共有

日本曹達グループの連携

当社は東証一部上場企業・日本曹達株式会社の100%子会社で、日曹グループ企業の化学品製造部門の中核を占めています。日本曹達株式会社はファインケミカル(精密化学)を中心とした化学会社で、特にアグリビジネスの分野においては世界的にも有名な企業です。日本曹達グループの連携により、当社は以下の点において確固たる経営基盤を築いています。

技術交流
世界トップレベルの合成技術をグループ内で共有しています。
強固なグループ経営基盤
金融サポートをはじめとする安定した経営基盤を有しています。
(当社は金融機関からの借入金はありません)
レスポンシブル・ケア活動の推進
大企業のクオリティで環境安全、労働安全、品質安全に対応しており、社会から信頼される化学会社の必須要件を高いレベルで満たしています。
レスポンシブル・ケア活動:化学物質の製造や取り扱いに携わる企業が、その開発から廃棄にいたる全サイクルにおいて環境、安全、健康面の改善及び向上対策を行なう自主的な管理活動。1985年にカナダで誕生し、1990年の国際化学工業協会協議会(ICCA)設立を契機に世界中に広まった。
福島・茨城経済圏で事業を展開
日本曹達グループは世界中に研究拠点、製造拠点、営業拠点を有していますが、その中にあって当社は福島県、茨城県の近接した地域に全ての工場・研究所が位置しており、地域に根ざした研究、生産活動を行っています。

ニッソーファイン会社概要

社名 ニッソーファイン株式会社
設立 昭和29年7月
資本金 300百万円
従業員数 218名
事業内容 ファインケミカル受託生産サービス、機能製品、樹脂成形
本社 〒103-8422 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル2 階
TEL.03(6202)0161 FAX.03(6202)0168

受託生産サービス

  • 製品情報
  • サービス概要
  • 反応技術
  • 受託生産設備

機能製品

  • 防錆・防湿用乾燥剤
  • 災害時用簡易トイレ
  • 脱酸素剤
  • 導電シート・トレイ機能製品

樹脂成形

  • 射出成形
  • 押出成形
  • 組 立
  • その他
Copyright© 2012 NISSO FINE CO.,LTD. All Rights Reserved.

ニッソーファイン株式会社

〒103-8422
東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル2 階